TOP 食文化

食文化

  • 書籍料理

    店で味わう和食の「奥の奥」、教えます!

    「椀刺」って? 「ハモマツ」って何? 会席料理のメインディッシュはなんだか知っていますか? 
     世界が認める和食だというのに、味わう感想が「おいしい」だけではもったいない! 本書は、読むだけで、「へぇ~、そうだったのか!」と正統和食の見どころ、味わいどころが「奥の奥」までよくわかるグルメ教養本です。
     先付から始まり、椀、造り、焼き物、煮物…と進み、食事、水菓子で終わる会席の料理ごとに、美しいカラーイラスト図解と読みやすいコラム仕立で、味わう感動のツボを網羅しました。監修は、「食のコーチング」を提唱する、辻調理師専門学校校長で辻調グループ代表の辻芳樹氏。「食」のプロの教育機関「辻調」ならではの種明かしが満載です。
     また、正統和食に欠かせない「和包丁」「かいしき」「天盛り」などのイラスト一覧も、見応えたっぷり。
     接待、会合の席でちょっと自慢できる盛り上げネタを、一冊丸ごとご賞味ください。
     

  • 書籍料理

    江戸時代は庶民も楽しんだグルメ社会だった

    和食が世界遺産に登録され、世界中が注目する日本の優れた食文化。四季折々の食材を活かし、繊細な美意識を体現する日本の食文化を見直そうという動きが強まっています。
    一日三食の生活スタイルをはじめ、現代日本人の食文化の基本は、江戸時代に形づくられたものです。また、江戸時代は一般庶民までが「グルメ」に目覚めた、世界でもっとも進んだ大衆文化社会でした。
    本書では、寿司や天麩羅・蕎麦・鰻の蒲焼といった江戸時代に誕生した料理の詳細だけでなく、高級料亭から居酒屋・定食屋・屋台まで幅広く発達した外食文化、調味料の発達とその影響などについて紹介。さらには、肥料やハウス栽培の発明などこれらを支えた生産技術の革新、都市住民の食欲を支えた流通事情と特産物の開発、レシピ本やグルメガイドの流行、年中行事や儀礼と食との関係、江戸の食育や食養生といった文化的側面など、食を取り巻く環境全体について多角的に考察します。巻末では現在も営業を続ける食の老舗や名店なども紹介しています。
    江戸文化歴史検定の受検にも役立つ、江戸の食文化の総合資料です。

  • 書籍料理

    話題の「茶ガール」初めての本が出ました!

    抹茶スイーツやゆかたの流行など、和文化のカジュアル化が浸透する中で、ツイッターでお茶会の参加を募ったり、フェイスブックでお菓子やお茶碗の情報交換をしたりと、若い世代の間で「茶の湯」がブームになっています。
     著者の一品更屋は、更屋蔦左衛門氏と尾木原暁子氏のユニット名で、流派に属さない自由で現代的な茶の湯の楽しみ方を提案する活動をしています。ネットでお茶碗などの茶道具を販売しているほか、お茶会イベント、アートやファッションとのコラボレーションをプロデュースするなど、多岐に渡る活躍が今もっとも注目されている2人組です。待望の初の書籍となるこの一冊で、一品更屋が展開する素敵な“わび・さび・かわいい 茶ガール"ワールドが、すべてわかるようになっています。
     学生の時には習っていたけれど結婚や出産を機にはなれてしまった・・・、習ってはみたいけれど敷居が高い気がする・・・、興味はあるけれど仕事が忙しくて手を出せずにいる・・・、そんな女子達にこそおすすめする「茶の湯」入門本。おうちでひとりで気軽に一服、お友達と一緒にホームパーティで一服。毎日の生活に茶の湯を取り入れてみませんか?

  • 書籍料理

    創業450年の老舗が教える庖丁の研ぎ方

    京都・錦市場商店街に店を構える小さな庖丁店「有次 錦店」。
    連日にぎわいを見せるこの店の秘密を一冊にまとめました。
    450年の歴史を以てして、今なお前進を続ける老舗の小さな商いのこだわり、日本が誇る職人仕事の凄み、そしてそれを使う人々の道具への思いを
    丹念に取材、庖丁の買い方から手入れの仕方まで、有次の庖丁をめぐるすべてがこの本に凝縮されています。
    すべての文章に英語も併記。

    Embark on a journey straight into Aritsugu’s boutique knife store located in the heart of “Kyoto’s Kitchen," the Nishiki Market.
    This book includes both the original Japanese and English translations, and is an in-depth exploration and practical guide revealing untold
    secrets of Japan’s revered knife maker.

  • 書籍料理

    英語を学びながら、和食の基礎がわかる!

    和食が世界無形文化遺産になり、和食関連の英訳本は多々出ているが、味噌、醤油、みりんなど和食の基礎となる調味料を解説したものはほとんどない。調味料検定試験も始まり、いまや海外のスーパーマーケットでも普通に売られている時代である。和食調味料をきちんと和・英バイリンガルで解説したガイドブックは、正しく和食を伝えるために必要不可欠だ。
    「さ・し・す・せ・そ」と昔からいわれるように、和食の調理法には日本人でも知らない秘訣がたくさんある。伝統と科学をふまえ写真でわかりやすく解説し、人気レシピ、商品紹介と用語集も付いた貴重な一冊だ。
    This is the one and only guidebook about Japanese seasoning written in English and Japanese. SHOGAKUKAN's Bilingual Guide to Japan is a useful series of cultural guidebooks for foreign sightseers who are planning to visit Japan.