TOP 小説

小説

  • 書籍文学

    ギロチンハウス

    京都クルミ製作所のリストラ小屋「ギロチンハウス」。突然そこに飛ばされた課長・榊江梨子と中年社員・下島裕二と若手・勝見亮の3人。崖っぷち社員が力をあわせ会社の闇が明らかにする痛快リベンジ・ミステリ小説。

  • 書籍文学

    君はレフティ

     学園ミステリーの向こうに見えてきたのは、切ない切ない溢れる想い・・・・・・。事故で記憶をなくした主人公が復帰した高校で起きた、謎の連続落書き事件。その謎を追ううち、次々と明らかになっていく真実とは。

  • 書籍文学

    刑事の血筋

    警察庁のキャリア官僚である高岡剣は、異動で故郷の津之神市に戻ってきた。着任の目的は、15年前に殉職した父、敬一郎の死の謎を探ること――。津之神署の刑事である弟の守は、剣の帰郷を歓迎できずにいた。

  • 書籍文学

    教場0

    「こんな謎も解けないなら、交番勤務からやり直せ」あの鬼教官が、殺人現場に臨場! 刑事コロンボも古畑任三郎もひれ伏す刑事・風間の名推理が、卑劣な犯罪者を追い詰める。ベストセラー『教場』のスピンオフ登場!

  • 書籍文学

    愛と勇気を、分けてくれないか

    80年後半、桃郎は広島市内の高校2年で転校。そして、小麦という同級生に心を射抜かれてしまう。しかし、彼女には、命の恩人の由紀野という伝説の先輩の存在が。物語はその後、不思議な三角関係を描いていく。

  • 書籍文学

    骨を弔う

    あの日、本当は何を埋めたんだろう。小学5年生男女5人は、ある目的をもって山中を彷徨っていた--。30年前の記憶が震える、昨年度日本推理作家協会賞受賞作家が放つ新境地ミステリー

  • 書籍文学

    猫町くんと猫と黒猫

    尾道で暮らす猫の猫町君は、人に化けられる特技を生かして高校に通うようになる。こうして彼の「猫生」が動き始めた! 第17回小学館文庫小説賞優秀賞を受賞した、青春小説の新たな傑作。

  • 書籍文学

    祝言島

    1964年、小笠原諸島の祝言島が噴火し、島民は青山のアパートに避難。しかし後年、祝言島は”なかったこと”にされる。未解決の「十二月一日連続殺人事件」を機に、半世紀を経て祝言島の禍々しい秘密が暴かれる。

  • 書籍文学

    ぼくの死体をよろしくたのむ

    恋愛小説・ユーモア小説からファンタジー・SF風味の小説まで――ジャンル分け不能、技巧をこらした奇妙な味の短篇が18篇。贅沢で楽しい川上ワ-ルドへようこそ!

  • 書籍文学

    セイレーンの懺悔

    葛飾区で発生した女子高生誘拐事件。帝都テレビ「アフタヌーンJAPAN」の里谷太一と朝倉多香美は、スクープを狙って奔走する。多香美が廃工場で目撃したのは、顔を焼かれた被害者・東良綾香の無惨な遺体だった。

  • 書籍文学

    ハッチとマーロウ

    ハッチとマーロウは双子の女の子。11歳の誕生日、シングルマザーであり小説家の母が「ママは大人を卒業する」と宣言し双子は大混乱。二人は自分たちの力で大人への第一歩を踏み出す。

  • 書籍文学

    さよなら、ムッシュ

    20年前の、あの日。気がついたら、彼は話しはじめていた。コアラのぬいぐるみのはずなのに――。