TOP Spiritual

Spiritual

  • BookLiterature

    ヒロシマを生きた人々の、「命」の物語

     一瞬の光が広島の地を覆うその瞬間まで、あの場所にいた人々にどんな時間が流れていたのか。そして、生き残った人々は、苦しみと哀しみの中でどう生き抜いてきたのか――。被爆二世の著者だからこそ書ける、真実をモチーフにした物語です。 児童文学作品として発表されながらも、幅広い年代の読者の心を揺さぶった『八月の光』。戦後70年の節目を迎えたいま、書き下ろし2編を加えて待望の文庫化です。
     巻頭の『雛の顔』は、その日勤労奉仕をさぼって命拾いをした女性と、それを責めた女性、それぞれの心の変化とその後の人生が、続く『石の記憶』では、広島平和記念資料館に展示され、原爆の悲惨さを伝える「白い石段の影」にまつわる物語が描かれます。『水の緘黙』では、苦しむ人を助けられずに一人逃げた少年の自責の念が救われるまでの物語。『銀杏のお重』では、戦争で女性だけとなった家族が、戦争を、原爆をどう生き抜いたか。ときに悋気にもならざるを得なかった女性たちの悲しみと強さが描かれます。『三つ目の橋』は、原爆で父と弟を、そして原爆による放射能症によって母を失った姉妹の物語。「ピカに遭うたもんは、たとい生きても地獄じゃ」。本作品に出てくるこの一文が、生き残った人々のその後の苦しみを集約しています。
     決して特別な人の特別な物語ではなく、私たちと同じ市井の人間の物語。あの日の光が、あの場所に生きた人々の魂の声が、いま再び届く――。

  • BookLiterature

    自分から自由になる「禅の教え」

    誰かに「負けた」と思って落ち込んだり、
    誰かに「勝った」と思って喜んだり、
    日々、一喜一憂していませんか?
    それでは心は落ち着かず、休まるときがありません。

    誰かと比較して一喜一憂するのは、あなたの中にある「劣等感」の問題です。
    そしてその「劣等感」は妄想です。
    自分より何かが劣っている人を見つけて安心感を得る「優越感」もまた妄想です。
    禅では妄想を「もうぞう」と読み、「莫妄想(まくもうぞう)」妄想することなかれ、と戒められています。

    そんなことわかっているけれど、なかなかその思考がやめられないという人。
    では、あなたはその思考を断ち切る行動をしていますか?
    禅では、考えるより行動することを第一に考えます。
    行動すれば思考が変わります。

    本書では、悪い思考を断ち切り、毎日が清々しくなる人気禅僧・枡野俊明氏による禅の思考・行動を紹介します。

    ◎他人に“負けられる"人に劣等感はない
    ◎人生を「勝ち負け」で考えない
    ◎誰かの評価より自分の納得感を大事にする
    ◎日の当たらない仕事でも精一杯全力を尽くす
    ◎「天のものさし」を心の拠り所にする
    ◎規則正しい生活こそ「妄想」を断ち切る近道

  • BookLiterature

    当代きっての生命科学者・柳澤桂子と生命曼荼羅を描き続ける人気日本画家・堀文子が合体!  いままでで、最も明晰な日本語と最も美しい映像で般若心経に込められた「いのちの意味」が感得できる。リービ英雄の英訳付。